2017年3月26日日曜日

ヨシ刈り作業お疲れ様でした!!

米子水鳥公園では、
毎年、ヨシ刈りを行い、
ヨシ原の保全に努めています。


ただ、刈り倒したままにすると翌年の生育がどんどん悪くなるので、ヨシの持ち出しをしています。







今日は、ボランティアで14名の方が
この作業を手伝っていただきました。

あっという間に園路にヨシの山ができてしまいます。
今年は、ヨシ運搬用のそりや大八車を使いました。
皆さん本当にお疲れ様でした。

2017年3月25日土曜日

オグロシギ新着!

この春の新着鳥情報です。






















オグロシギです。
24日に現れ、今朝はネイチャーセンター正面の小島にいます。
このほか、ツルシギ2羽もいます。
これからは春の渡りの道の駅として、
シギ・チドリ類、シマアジ、クロハラアジサシ類が
続々とやってきてくれることでしょう。楽しみですね。

ツクシガモは昨日まで3羽いましたが、今朝はメス1羽のみとなりました。
ヘラサギは今朝、目の前にいましたが、9:15頃に北西方向へ飛び去りました。
予想以上に長居してくれたので、これでお別れかもしれませんが、
そう思っているとフラリと帰ってくるのがヘラサギ類の面白いところ。
もう少し様子を見ましょう。

(きりぎりす)

2017年3月24日金曜日

ヨシ刈り中です。

米子水鳥公園では、冬鳥の去った後、ヨシが芽吹くまでに急いで
ヨシ刈りを行います。

水鳥への影響とヨシの成長を考えてのことですが、
年度末という事もあってタイトなスケジュールになってしまいます。
















来園者様の皆様には、刈り取った後のヨシ原に入らないよう
ご協力をお願いいたします。

※週末には、ボランティアイベントを計画しております。


2017年3月22日水曜日

冬の名残

今朝の米子水鳥公園
もう東京では、桜が咲き始めたそうです。
米子水鳥公園もほとんどのハクチョウは北へ向かったようですが、

今日(8:00)も、2羽が休んでいました。











仲間に遅れをとったのかもしれません。

2017年3月20日月曜日

実はまだ折り合いがついていない?

ネイチャーセンターのどこで営巣するか、
争っていたハクセキレイとセグロセキレイ。
うまく折り合いがついたものだと思いましたが、
なんだか様子が変です。
















いつもの場所で、いい声でさえずり、
縄張り宣言をするセグロセキレイ。















ちょうどセグロセキレイが眺めている辺りの
軒下の雨どいに巣材を運んでいました。
















ところが、その後にやってきたハクセキレイが、
セグロセキレイのお立ち台でさえずり始めました。


















さらには、セグロセキレイが巣材を運んでいた辺りを
しきりに窺うハクセキレイ。
もしかしたら、このハクセキレイたちは、
セグロセキレイの営巣場所を乗っ取ろうとしているのかもしれません。
今後、ますます目が離せなくなってきました。










































一方、予想以上に長期滞在してくれているヘラサギ。
朝一番は観察ホール目の前の浅瀬にいて、
開館するとネイチャーセンター正面の島に上がってお昼寝タイム。
今日も一日中、ネイチャーセンター付近にいました。

コハクチョウがほぼ去ってしまった今、
ヘラサギは貴重なスターです。
さすがに長居し過ぎなので、そろそろお別れだと思いますが、
次のスターが現れるまで滞在してくれると有難いです。

(きりぎりす)

速報!コハクチョウまだ居ました!

速報です。

9:30頃、ネイチャーセンターから約500m先に
コハクチョウ成鳥が2羽いるのを確認しました。
まだ北帰行は完了していません。



一日中園内でのんびり過ごしていて、
そのまま日が暮れました。
今晩中には旅立ってしまうかもしれません。
明日の早朝までいるかな?

これが今季最後のコハクチョウになると思います(たぶん)。

(きりぎりす)

2017年3月19日日曜日

冬の主役が去って春本番!

今日は、とても暖かな春の陽気でした。

明け方から園内にはコハクチョウの姿はなく、
本日行われたガンカモ一斉調査でも、
中海周辺ではコハクチョウは見つかりませんでした。
昨日の夕方の3羽が、
今季の最後のコハクチョウだったようです。

冬の主役が去り、水鳥公園はすっかり春の風景です。















ネイチャーセンター前浜では、
ハクセキレイが巣材集めに勤しんでいました。

営巣場所を巡るライバルのセグロセキレイとは、
うまく折り合いがついたようです。
















ハクセキレイは、
ネイチャーセンターの大山側の軒下雨どい。


















セグロセキレイは、
ネイチャーセンターの境港側の浄化槽周り。
ということで、お互いに共存しつつ、
ネイチャーセンターの東側と西側で子育て準備中です。
















メダカ池では、春の陽気に誘われて、
メダカの群れが水面近くに集まっていました。





















そしてこれは、
水鳥公園周辺に生えている春の草花で作った
ミクロ生け花です。高さはおよそ15cm。

5月4日(木)にこれを作るイベントを開催予定です。
水鳥公園の春の新企画。是非ご参加くださいね♪

(きりぎりす)