2017年4月30日日曜日

オグロシギ6羽

今日は昨日ほどの盛り上がりはありませんでしたが、
シギ類観察が楽しい一日でした。

今日一番目立ったのは、オグロシギ6羽の群れです。















主に水鳥観察桟橋向かいの岸辺にいました。

シマアジは今日もドーナツ型の島にいましたが、オス1羽だけでした。
夕方にほんの一瞬だけ、ネイチャーセンターの目の前までやってきました。















シマアジの「ゴリゴリゴリッ」という独特な鳴き声が、
妙に生々しく聞こえたので、
ふとネイチャーセンター前浜の浅瀬を見ると、
シマアジがこちらに泳いできていてビックリ。
近すぎて建物の日陰に入ってしまいました。

しかし、注目が一気に集まったのを察してか、
また元の場所へ引き返していきました。

今日確認できた鳥は、
・オグロシギ        6羽
・アオアシシギ       5羽
・ウズラシギ        2羽
・ハマシギ         51羽
・セイタカシギ    雌2羽
・キョウジョシギ 雄1羽
・コチドリ     1羽
・ヘラサギ       若鳥1羽
 など、45種類でした。

(きりぎりす)

2017年4月29日土曜日

野鳥チェックリストを作りました!

本日、お客様が持参なさっていたお手製の
「マイフィールドで見られる鳥のチェックリスト」
をご覧になった常連のお客様が、
「水鳥公園の鳥のチェックリストがあったらいいのになあ~」
とおっしゃっていました。

そこで、来館者の方が今日水鳥公園で観察できた鳥を記録することができる、
お客様用の野鳥チェックリストを作成しました。

観察ホール内に陳列しておきますので、
ぜひご自由にご利用ください。















新たに作成した、米子水鳥公園野鳥チェックリスト(Var.1.0)。
サイズはA4です。
今後、必要に応じて改良していく予定です。

ご来館の際に毎回このチェックリストを記入して、
それをファイルして蓄積すれば、あとで貴重な記録になります。
野鳥ファンにお勧めのアイテムです。

(きりぎりす)

今季初認の鳥6種類でました!

本日の「春のシギ祭り」はとても賑やかでした。
今日確認された鳥46種類のうち、6種類が今季初認でした。
チドリ目の鳥の出現結果は、
・タシギ(3羽)
・アオアシシギ(6羽)
・ハマシギ(33羽)
・セイタカシギ(メス1羽)
・オグロシギ(1羽)
・ソリハシシギ(2羽)
・コチドリ(1羽)
・オバシギ(3羽)初認
・キョウジョシギ(1羽)初認
・トウネン(1羽)初認
・ウズラシギ(1羽)初認
・ムナグロ(1羽)初認
・クロハラアジサシ(1羽)初認
でした。

米子水鳥公園で、
一日でこれだけ多種類のチドリ目の鳥が現れるのは、
とても珍しいです。

このほか、23日を最後に姿を見せなかったシマアジが、
久しぶりに雄2羽が現れました。





























キョウジョシギは、時々前浜の島にもやってきました。
















飛ぶ姿が美しいオグロシギ。
一日中水鳥観察桟橋前の岸辺にいました。
















シマアジのオスが2羽現れたのは今季初めてです。
雄2羽が揃った写真が撮れず残念。

















セイタカシギはメス1羽だけになってしまいましたが、
1日中、目の前を歩き回ってくれました。
















クロハラアジサシは、
池の中央部あたりをずっと飛んでいて、
なかなか近くにやって来てくれませんでしたが、
16:00頃にようやく前浜にやって来てくれました。















正面からみたクロハラアジサシは、
シャープな横顔とは対照的に、
顔が丸々としていて可愛らしいですね。






























ところで、クロハラアジサシを撮影したところ、
偶然、飛翔昆虫をとらえているところが写っていました。
水面に急降下を繰り返して水中の生物を捕食する印象が強い鳥ですが、
フライングキャッチもするのですね。
食べたのは、ケバエの仲間かな?

明日も春らしい鳥がたくさん現れるといいですね。
明日は10:00から園内の保護区をぐるりと一周する
「水鳥公園一周ネイチャーウォーク」を開催しますので、
是非ご参加くださいませ。

(きりぎりす)

速報!今日は春のシギ祭り

今日は、朝から様々なシギが姿を見せてくれています。
春のシギ祭りです。










































11:30現在、
ハマシギ23羽
トウネン1羽
アオアシシギ6羽
オグロシギ1羽
キョウジョシギ1羽
オバシギ3羽
ウズラシギ1羽
セイタカシギ雌1羽
タシギ2羽
コチドリ1羽
が確認されています。

その他、春の旅鳥は
シマアジ雄2羽
コムクドリ1羽
が現れています。

この後、また新たに誰が現れるか楽しみです。

(きりぎりす)

2017年4月28日金曜日

北斗高校2年生が湖岸清掃にご来園!

中海では、アダプトプログラムといいい、
中海沿岸で市民がごみを拾う活動があります。
その活動の一環として、今日は北斗高校の二年生が
来園されました。

300メートルほどを予定の一時間を超えて、熱心にゴミを拾って頂きました。


中海に落ちたゴミは、いつか海に流れ出します。
そして、時には、ウミガメや海鳥が食べて死んでしまう
原因となる事もあります。


皆さんの活動が、世界とつながってくることを
知ってもらえれるととてもうれしいです。


今日は、本当にありがとうございました。

2017年4月27日木曜日

オオヨシキリが見やすくなってきました

これまで、茂みの中でさえずってばかりで
なかなか姿を見せてくれなかったオオヨシキリが、
ようやく目立つところでさえずるようになってきました。

個体数が増えて、あちらこちらから鳴き声が聞こえるので、
縄張り意識が強まってきたのかもしれません。
















さえずっているところに近づくと逃げてしまいますが、
お気に入りのさえずり場所がよく見えるところで
じっと待っていると、比較的近くで観察できます。
















近頃、園内でアオジの声がよく聞こえます。
茂みに潜んでいるので、なかなか姿は見えません。
















オオヨシキリを観ていたら、
すぐ横の茂みから出てきたキジのオス。

















むこうも私がいてビックリしたようですが、
ゆっくりと歩いて逃げるところが面白いです。
















夕方に、ツルシギがネイチャーセンター前にやってきました。
















ここまで見事な夏羽は、なかなか見られません。
初認後、遠くにばかりいましたが、
ようやく目の前に来てくれました。

(きりぎりす)

バーモント州からGreen Acrooss the Worldsが来園

鳥取県国際交流財団がカウンターパートナーとなった
合衆国バーモント州のGreen Across the Worldsという
グループが来園しました。高校生の団体です。

野鳥観察だけでなく、展示を見学したり
メダカ池の観察をしたりしました。
 沢山のメダカに驚いていました。

 野鳥が目の前にたくさんいて驚いています。

パズルコーナーと野鳥変身コーナーが人気でした。

 コハクチョウが一晩で日本海を渡る事に
 感心されていました。

 

 同年代の米子水鳥公園のジュニア・レンジャーが、
ボランティアで活躍している話をすると
大変感心をもたれていました。