2017年8月23日水曜日

キジバトが子育てを始めました

8月20日に、園内で木の枝をくわえたキジバトとすれ違いました。
キジバトが向かった先を見てみると、
木の茂みの中に巣を作っている最中でした。

園内の多くの小鳥たちは、もうヒナが巣立っていますが、
こんな時期から繁殖を始めるのは、
繁殖時期を選ばないキジバトならではかもしれません。
















木の枝を雑に積み重ねて、隙間だらけの巣を作っています。















木の葉の合間から、私の様子をうかがう親鳥。
いずれも8月20日撮影です。


8月23日現在、親鳥が巣にじっと座っています。
抱卵に入っているのかもしれません。

子育てがうまくいくように祈りながら、
そっと見守ることにしましょう。

追伸:
オオバンも23日現在、抱卵中です。
巣作りしているのを見つけてから1か月以上たつので、
そろそろひなが生まれてもよさそうですが、
まだヒナの姿は確認できていません。
なお、オオバンの抱卵期間はおよそ3週間だそうです。

(きりぎりす)

2017年8月20日日曜日

カワセミが眼下にやってくるようになりました

















米子水鳥公園では、秋になると親離れしたカワセミの若鳥が
ネイチャーセンターの目の前の杭にいつくようになることがあります。
今年は、まだ八月というのにそんな鳥がやってきました。
昨日から、センターの前でずっとダイビングを繰り返しています。

2017年8月19日土曜日

ロシア沿海地方と交流

鳥取県の交流事業でロシア沿海地方環境団体「ロストク」と交流をしました。
一緒に中海クルージングや中海環境フェア―・フェスタに参加したり、
エコ行燈づくりをしました。

 また、学習交流会では、日頃の活動を
ジュニア・レンジャークラブとラムサールこどもクラブの
それぞれのメンバーから発表してました。
ロシアのグループと同じような活動をしていたり、
同じような生き物を観察したりしていてとても興味深かったです。














また、米子水鳥公園では、8月20日~8月31日まで、特別に中海環境フェアーで展示したロシア沿海地方の写真を展示します。ぜひ一度ご覧ください。

2017年8月17日木曜日

サルハマシギ

















午前中に、ネイチャーセンターの前に見慣れないシギを発見!!サルハマシギでした。


まだ、夏羽が多く残っている個体でした。

ポタちゃん









2017年8月14日月曜日

池の水生植物調査

毎年米子水鳥公園では、つばさ池のいて水生植物の調査をしています。

今年は、学芸員実習の学生さんと一緒に調査しました。
調査をしていると今年は、これが水鳥公園の池の中からドーンと出てきました。









ウミ坊主? ウミブドウ?   
どちらも、違います。







ボートのオールに引っかかってきた 「シャジクモ」 です。
シャジクモは独特のにおいがします。
また、食べても、もそもそして美味しくなさそうです。



2017年8月11日金曜日

気になる視線

現在、ネイチャーセンターの前右手に見える、
杭の列の真ん中で抱卵中のカイツブリ。

いろいろな鳥がとまる場所なので、子育ての場所には不向きと思っていましたが、いまのところ特に大きな問題もなく抱卵を続けています。

しかし、今日は心配していたとおりの状況になりました。
















カイツブリの巣の近くの杭にとまるコサギ。
コサギは特にカイツブリの巣を意識しておらず、
親鳥も警戒していません。
















ところが、その後コサギが次々と杭の列にとまり始めました。
















コサギの中には、カイツブリの巣の直近の杭にとまるものが現れました。
さすがにこれには親鳥は黙っておらず、
立ち上がってコサギをにらみつけ、警戒の声を上げていました。
お腹の下には卵が2個見えます。
この緊急事態に、普段は遠くへ出かけている番い相手も巣のそばを離れず、
コサギの動向を監視していました。


動画はこちら。


このコサギも、特にカイツブリの卵を盗んでやるぞ、
という様子ではなかったのですが、
時々カイツブリをじっと見つめるのが気になります。
親鳥も、コサギのこの視線がいやなのでしょう。
コサギの視線がそれると、親鳥は抱卵を再開して、
巣材の補充や羽繕いをしていましたが、
やっぱり落ち着かない様子でした。

結局、その後もコサギたちは何もせずに解散し、杭の列から去りました。
カイツブリも一安心です。

さて、この巣は卵が4つあったのですが、いつの間にか2個に減っていました。
過去に、この辺りで子育てをしていたカイツブリの巣で、
ヒナがふ化する度にヒナの姿が消える怪現象がおきていました。
http://yonagomizutori.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html
今回も同じことが起きていないか心配です。

(きりぎりす)

オオバンの巣が襲われた!

8月6日の出来事です。

この日は、朝からオオバンの巣に親鳥がいませんでした。

午後になっても親鳥が巣に戻らず、
どうしたのかな、と思っていたら、
16:40頃、何とオオバンの巣にチュウヒが舞い降りました。
巣の卵を狙っているのでしょう。

すると、どこからか親鳥が大急ぎで巣に戻ってきて、
チュウヒを懸命に威嚇しました。
普段は片親しか見かけませんでしたが、
この時は両親でかけつけて大声で鳴き、
水を跳ね上げてチュウヒを威嚇していました。
















チュウヒを威嚇するオオバンの親鳥。
写真中央右寄りのヨシの陰にチュウヒがいます。

















親鳥の迫力に圧倒されたのか、
チュウヒは飛び去りました。
卵をくわえておらず、くちばしも汚れていないので、
卵の捕食は未遂に終わった、と願いたいです。
巣内の卵の安否が気になります。

それにしても、チュウヒが巣を襲うとは驚きました。
チュウヒはふつうはこの時期にはおらず、
いても稀に現れるだけなので、
巣を襲うとしたらカラスかイタチだろうと思っていました。
予想外の天敵の襲撃でした。
















チュウヒが去った後も、興奮が冷めない様子の親鳥たち。
しばらく巣のそばをウロウロしていました。


そして、台風の影響で風雨が強まった7日、8日を迎えましたが、
オオバンは巣に戻って、嵐の中で抱卵を再開していました。
どうやら卵は無事だったようです。
嵐を乗り越え、今日も抱卵を継続しています。

どうか、鳥取県初の繁殖が成功することを祈ります。

(きりぎりす)

2017年8月7日月曜日

台風通過!鳥たちの様子

本日は、台風が米子水鳥公園を通過してゆきました。
カイツブリの巣は、あと池が数センチ増水したら流されてしまいそうです。

















ネイチャーセンターの目の前で放卵しているカイツブリの夫婦は、
雨の中、抱卵を一時中断して、巣の補強に大忙しです。

営巣を始めたころに比べるとずいぶん池の水位が上がってしまいました。


また、窓の外を眺めるとツバメの巣立った若鳥が雨宿り中でした。
ネイチャーセンター中に入れてほしそうです。


















こんなに、近くで雨宿りしていました。

2017年8月4日金曜日

仲良しのオオバン

ちょっと前のことなのですが、
オオバンのほほえましい光景が見られましたので、
ご紹介します。
















隣り合っているオオバンが、
となりの個体のうなじをコチョコチョしています。
とても気持ちがよさそうです。

















すると今度は、
コチョコチョされていた個体がお返しにコチョコチョ。

















もっと~。とおねだりのポーズ。
しかし、左の個体は自分の羽毛のお手入れをはじめました。

















そんなときは、こちらからまたコチョコチョ。
コチョコチョしてあげるから、私にもしてちょうだい。
という感じです。
2017年7月21日撮影です。

動画はこちら。


















とても暑い日が続いていますが、そんな中でも鳥たちは元気に過ごしています。
館内は一部ですが冷房が効いていますので、涼しい中で鳥が観察できます。
ぜひ、鳥たちの日常を観にお越しください。

(きりぎりす)

2017年7月29日土曜日

餌の受け取りはできません

毎年、お米の収穫時期が近づいてくると、
鳥の餌に、と古米の提供のお申し出のお電話や、
古米を持って来られる方がいらっしゃいます。

とても有難いご厚意なのですが、
米子水鳥公園では、園内の野鳥に餌を与えておりません。
そのため、古米などの餌を受け取ることができません。
何卒、ご了承ください。

給餌に関する諸問題(日本野鳥の会リンク)

当園の鳥インフルエンザの対策など


米子水鳥公園 館長

2017年7月17日月曜日

夏休みのイベント開始(メダカ採り大会)

米子水鳥公園では、夏休みたくさんのイベントを実施しています。
今週末は、第一弾のメダカ採り大会を実施しました。





 








最近、日本のメダカは二種類になったり、飼育品種のヒメダカの遺伝子が野生のメダカに確認されたりと、環境問題を考える上で、身近で良いテーマです。

 皆さんもぜひ夏休みの自由研究にいかがでしょうか?

米子水鳥公園では、夏休み期間中様々なイベントを実施しています。

ぜひ、ご参加ください。




Skypeで第七回沖縄こども環境会議とつながる!!


 沖縄県のラムサールサイトである漫湖(漫湖水鳥・湿地センター)とインターネット回線(Skypeで交流しました。漫湖水鳥・湿地センターでは、沖縄のラムサールサイトが集まる第7回沖縄こども環境会議が開催中で、ここに集まったメンバーとつなぎ、沖縄の友達と日頃の活動の報告会をしました。沖縄には、ヤンバルクイナがいたり、クロツラヘラサギがたくさんいたり、マングローブの林があったりとても興味深い話が聞けました。
 また、中海と同様に埋め立て反対の運動があったことも知り、今ある自然を大切にしていかないといけないと感じました。

会の終了後、こどもたちは「沖縄へ行ってみたい!」と
口々にいっていました。         
















2017年7月15日土曜日

オバシギ・ コオバシギ 絵画コンペティション 2017

オバシギ、 コオバシギ 絵画コンペティション 2017
が絵画を募集しています。

米子水鳥公園も加盟しているEAAFP(東アジア・オーストラリア地域フライウェイパートナーシップ)では、2017-18年を「オバシギ・コオバシギ年」として、急激に個体数の減少しているシギ・チドリ類、特にオバシギ(危機種)とコオバシギ(危急種)についての普及啓発を行っています。その中で、オバシギ、 コオバシギ 絵画コンペティション 2017を行い絵画を募集しています。




対象年齢:6歳~18歳(2017年8月31日時点)
賞品:コーワ望遠鏡、双眼鏡、パタゴニアバッグ、海外の美しい本など。
入賞作品は来年度のEAAFPのカレンダーに使わせていただきます。
締め切り:2017年8月31日(米子水鳥公園への提出は10日前までにお願いします。)
申し込み:韓国にある事務局へ送付
            East Asian-Australasian Flyway Partnership Secretariat,
            3F Bon-dong, G-Tower, 175 Art center-daero, Yeonsu-gu, Incheon 22004
            Republic of Korea
   米子市内・鳥取県西部の方は、米子水鳥公園においてまとめて韓国へ送付します。



詳細はこちらのページをご覧ください。
ウェブ(日本語):http://www.eaaflyway.net/our-activities/wmbd/wmbd2017/2017-knots-drawing-competition-jp/

チラシ(日本語):http://www.eaaflyway.net/our-activities/wmbd/wmbd2017/2017-knots-drawing-competition-jp/#flyer

エントリーシート(日本語):http://www.eaaflyway.net/wordpress/new/ouractivities/Campaigns/Entry_sheet_jp.docx

一人でも多くの子供たちや家族の方にオバシギやコオバシギのことを知ってもらい、いいカレンダーを作りたいと思っています。





2017年7月14日金曜日

米子松陰高校インターアクトクラブ

 本日は、米子松陰高校のインターアクト部の皆さんが、
活動においでになりました。
 大山で行われる交流会で紹介するための
バードコールづくりの企画運営について勉強されて行きました。

























最後に、きれいに会議室を掃除していただきました。
皆さんの企画がうまくいくことを祈っております。

草刈り作業の後に・・

 米子水鳥公園では、毎週木曜日の夕方に草刈り作業をしています。
今朝は、昨日草を刈った後に鳥たちが集まっていました。






















 
 
 
 
 



池の中の草を刈りこむ作業はとても暑くて大変でしたが、
鳥たちが利用している様子を見るとうれしくなります。

























タカブシギもやってきました。
こちらは、ちょっと気の早い渡りかな・・・

2017年7月12日水曜日

オオバンが巣作りを始めた!

本日、ネイチャーセンターからみて左手にあるドーナツ型の島で、
オオバンが巣作りをしているのが確認できました。

水鳥公園では、以前にもオオバンが巣材を集め始めたことがありましたが、
あくまでも模擬的なものであり、
本格的に巣作りをしているのが確認できたのはこれが初めてです。
















枯れヨシの茎を拾ってきて、















このヨシの茂みの中に集めています。
















そして、次の巣材集めや採食に出かけていく、
ということを繰り返していました。
発見者は職員Nです。








写真では分かりにくいので、こちらの動画をご覧ください。

さて、このまま抱卵、育雛まで発展するか、楽しみです。

(きりぎりす)

2017年7月9日日曜日

カルガモ親子の間違いを探そう!

次のふたつのカルガモの親子の写真をみて、間違いを探しましょう。















写真1 2017年7月7日撮影

















写真2 2017年7月8日撮影


さて、カルガモの親子に紛れている「間違い」は分かりましたか?
こうしてみると、カルガモの子は紛れている他種よりも
体が大きいですね。

今季は園内のカルガモ親子がとても多いように思います。
子殺しが起きておらず、
数組の親子が隣り合ってくつろいでいる光景が平和でいいですね。


















今日もメジロガモは健在です。
午前中は姿が見えないことが多いですが、
午後になるといつも前浜にやって来てくれるのがありがたいです。
いつまでいてくれるかな?

(きりぎりす)

職場体験の活動の成果




米子水鳥公園では、中学生の職場体験も受け入れています。
今回は、暑い中、水鳥の休息する場所を作るために草抜き作業をしてもらいました。






















暑い中とても大変な作業でした。






















でもそのおかけで、今朝は、草を抜いた場所でカルガモ親子が休んでいます。
職場体験に参加してくれた皆さん。ありがとうございました。

大雨でカイツブリの巣が上昇

昨日、紹介したネイチャーセンターの前に出来たカイツブリの巣は、今日も健在です。しかし今朝の大雨でずいぶん浮き上がってきました。昨日の写真と比べてください。
卵は、4個に増えたようです。
親鳥は、一所懸命に巣の増設中です。






2017年7月8日土曜日

カイツブリの巣に卵

米子水鳥公園のネイチャーセンターの前にできた
カイツブリの巣に卵がみえます。

















無事に孵ってくれればよいのですが・・・




















こちらは、すでに育雛に入っているカルガモ親子
ヒナが大きくなり始めました。