2017年10月15日日曜日

今朝の米子水鳥公園

昨日、初飛来したコハクチョウが、
ネイチャーセンターの前で寝ていました。




2017年10月14日土曜日

コハクチョウ初飛来日クイズ結果発表!

本日のコハクチョウの初飛来を持ちまして、
コハクチョウ初飛来日クイズ2017が終わりました。

497名の応募の中から、10月14日を予想した方は25名でした。
正解者を発表します。

加藤結仁、尾田知茂、田本公子、田本千代美、ウィンタージェイソン、松原菜々子、山口真佳、田中和明、門脇邦憲、門脇美和、金田智子、小林健太朗、水谷祥太、中根翔子(以上、鳥取県)、嘉村早苗、安里祐加、森山賢治、松本紘輝、藤原幸利(島根県)、長尾恒子(香川県)、澤祐介(埼玉県)、小田谷嘉弥(千葉県)、難波啓倫(岡山県)、古土井昭彦、松本太郎(広島県)

以上、25名の皆様、正解おめでとうございます。


















正解者の皆様全員には、初飛来記念缶バッチをプレゼントします。


















そして、正解者の皆様から厳正なる抽選の結果、
加藤結仁さん、嘉村早苗さん、小田谷嘉弥さんが当選しました。
記念缶バッチに加えて、羊毛フェルトのコハクチョウをプレゼントします。


これからプレゼントの準備を始めます。到着をどうぞお楽しみに♪

(きりぎりす)

コハクチョウがようやく初飛来!

今朝8:37分ごろ、米子水鳥公園でコハクチョウの初飛来を確認しました。
今年は、舞い降りてくる瞬間を撮影できました。






その後、次々とハクチョウたちが到着しました。
3つの群れが合流し、9:31までに15羽になりました。

そして17:25には、コハクチョウは23羽になりました。
安来の田んぼで採食していた群れが合流したのかもしれません。

2017年10月13日金曜日

結構きてます!

今日のつばさ池は、今季最高の賑わいでした。















今朝は4,000羽くらいかな、と思いましたが、
夕方には6,000羽くらいにまで増加!
















なかなかの混雑ぶりです。















10月11日から、アメリカヒドリの雄がみられます。
近年、連続して飛来していて、毎年池の同じ場所で過ごしているので、
もしかしたら常連さんなのかな?
(写真は11日に撮影)

このほか、トモエガモも増えてきていますし、シマアジもまだいます。

それにしても、コハクチョウがなかなか到着しません。
他県の飛来地にはひととおり到着しているのに、
水鳥公園だけ取り残されている感じです。

明日以降、また天気は下り坂のようですし、いつになったら来てくれるのかな?
今年の初飛来日クイズは波乱の展開です。

(きりぎりす)

2017年10月7日土曜日

カモ類がどんどん飛来!

ここ数日、すごい勢いでカモが増えています。
今日は、5000羽を数えました。

ヒドリガモ、コガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロなどが多いです。
まるで、カモの「じゅうたん」みたいです。

人工湿地には、コガモの群れが珍しく入っています。


ただ、今日は、ハヤブサやオオタカが居ついて追いかけまわしています。
水面に降りてしまったカモ類はなかな捕らえることができないのですが、
若鳥で経験がないせいか無駄に追い回しています。

ポタチャン



2017年10月5日木曜日

今年の初雁を確認!

今朝、今季の初雁を確認しました。

8:30頃、池の鳥を見渡してマガンを探したところ、いなかったので初雁は明日以降か、と思った矢先、マガンの声が聞こえてきたので慌てて望遠鏡を覗き直しました。
















鳥取大学医学部を背景に飛ぶマガン。
成鳥3羽、幼鳥5羽の群れでした。





























一度は池に降りようとしたのですが、再び高度を上げ、池の上を数回旋回した後、ネイチャーセンタの上を通過して北西後方へ飛び去ってしまいました。
ほんの1~2分の出来事でした。
このマガンたちは、この後宍道湖の群れに合流したのかな?

さて、次はいよいよコハクチョウですね。
宍道湖には今日コハクチョウが到着したそうですが、水鳥公園にはまだ到着していないので、コハクチョウ初飛来日クイズは続行中です。いつ到着するか楽しみですね。

(きりぎりす)

2017年10月2日月曜日

日本鳥類標識協会全国大会で発表!

9月30日~10月1日に、日本鳥類標識協会全国大会が島根県出雲市で開催され、私は実行委員として参加し、米子水鳥公園のシマセンニュウ、コヨシキリの調査について発表させて頂きました。































































10月1日の早朝には、島根県で行なわれている鳥類標識調査が披露され、日本各地から集まった参加者が興味津々に調査の様子を見学し、質問を寄せていました。コヨシキリが多く捕獲されたほか、シマセンニュウの成鳥と幼鳥の違いや特徴を、参加者の皆さんが実際に鳥を手にとって興味深く観察していました。




この大会では、山陰地方が日本で最も多くのシマセンニュウを標識放鳥している地域であり、シマセンニュウの秋の渡りの大変重要な中継地となっていることが再認識されました。
そして、いまだによく分かっていないシマセンニュウの渡りルートを、各調査地同士で情報を共有しながら解明していきましょう、という提案がなされました。

大会終了後、米子水鳥公園に関心を持って下さった県外からの参加者が水鳥公園に立ち寄り、スタッフと鳥の話題で盛り上がりました。

日本各地で鳥の調査に取り組んでいる方々から見ても、米子水鳥公園はとても興味深く、魅力的な野鳥の生息地なのです。

(きりぎりす)